ワックス脱毛の種類:シュガーワックスって? コメントを残す

シュガーワックスとは

シュガーワックスはシュガーペースト、ハニーワックス、シュガーリングペーストなどとも呼ばれる脱毛用粘着剤です。日本では、「シュガーワックス」と一般的に呼ばれます。

ペーパーを使うストリップワックスタイプが主流ですが、全て手(オールハンド)で施術をする「シュガーリング脱毛」も、シュガータイプのワックスが使われています。

原料はシュガーワックスの名前の通り「砂糖」が主成分で、単糖類・多糖類どちらをメインの原料とするかはメーカによって違います。

シュガーワックスの特徴とは

シュガーワックスの特徴

砂糖は食品としても多用される馴染みの深いものですが、お肌にとても優しく、アレルギーリスクが極端に低いことが魅力の1つです。日本国内の多くの専門ワックスサロンは、シュガー系のワックスをメインで使用されております。

 

シュガーワックス脱毛に向いている部位とは

シュガーワックスが脱毛できる部位
全身どこでもOK
デリケートゾーンなどの太い毛や、うなじや背中などの産毛もしっかり脱毛できるので、幅広い箇所に使用される方が多いです。

REPICAの無添加シュガーワックスの特徴とは

どのシュガーワックスを使えばいいかわからない!
そんな方には、ワックス脱毛サロン専用の”無添加シュガーワックス”がオススメです。
無添加シュガーワックス

「日本人の肌にあったシュガーワックスが少ない…。」
そんな声から誕生したREPICA(リピカ)のシュガーワックスは100%天然素材のみで作られた、無添加シュガーワックスです。化合物などが入っていないからこそ、非常食として食べることができるほど安全。そのため、敏感肌の方でもお使いいただけます。
顔やアンダーゾーンなどの敏感な部位にはもちろん、全身どこにでも使用可能。
また、扱いやすいので初心者の方でも安心してお使いいただけます。

粘着力   ★★★★
低刺激   ★★★★★
扱いやすさ ★★★★★

無添加シュガーワックスにご興味を持たれた方は、下記より詳細をご確認いただけます。

REPICA無添加シュガーワックスの購入はこちらから

 

BEAUTY CARTでは会員登録でいつでも10%OFF!
まだ会員登録をお済ませでない方は

会員登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です